確かな知識と技術で、
安全な眼内コンタクトレンズ

私たちはICLで
視える喜びを伝えたい

角膜を削らないICLは
次世代の視力矯正技術です

ICLは角膜を削らずにレンズを目の中に入れて視力矯正します。インプランタブルコンタクトレンズを略してICLと呼んだり、フェイキックIOL、有水晶体眼内レンズ、永久コンタクトレンズと呼ばれることがあります。

ICLとは?

ICL研究会のミッション

当研究会は、ICL(後房型有水晶体眼内レンズ)を通じて日本における屈折矯正手術を再構築し、次の世代にこの有用性を伝え、より安全で正確な手術を確立することを目的に設立しました。

ICL研究会について

INTERVIEW

ICLを受けた眼科医にお話を伺いました(第2弾)

北里大学病院眼科高橋 正英 先生

記事を読む

学術研究

一覧へ

ICLを実施している
クリニック

全国のICLが実施可能なクリニック、病院を紹介しています。治療に関するご相談は掲載のクリニックへ直接お問い合わせ下さい。

クリニック一覧へ